村山くんのお金の借入お得レポート!

村山くんがオススメのキャッシングについて紹介していくサイト。

 
  • [PR 広告]


    この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

    ブラックリストに載るとどうなる?

    ブラックリストと聞きますと、誰もがあまり良いイメージを持っていないかと思います。まさにその通りで、ブラックリストというのは、どのような業界であったとしても、どうしてもネガティブなイメージがあるものです。一般的にはブラックリストに載ってしまうという事実は、悪いことをしたケースといった常識があります。
     
    個人信用情報機関が独自に作成している金融事故情報というのは確実に存在しており、これがいわゆるブラックリストになります。個人信用情報機関のデータベースには、個人の極秘の金融情報が大量に保存されています。ただし、実際の正式名称として「ブラックリスト」と呼ばれているワケではありません。
     
    そもそも信用情報機関というのは、どこの金融機関であっても必ず取引を持っている組織となります。正規に営業している金融機関でしたら、必ずここの情報を審査の判断材料にしています。正規の金融機関では無い、いわゆる闇金業者であっても、信用情報機関とは決して無縁では無く、言うならばブラックリストの情報というのは、ローンやキャッシングなどといった借金の世界では必ず融資の基準となるのです。

    例えば返済の延滞をしたり、返済を完全に怠ってしまうことで事故情報としてブラックリスト入りすることになります。

    tag :

    個人間融資は危ない?!

    皆さん、個人間融資というものを知っているでしょうか?これは読んで字の如し、業者などを利用することなく、個人間でお金の貸し借りを行うことを言います。個人間融資というのは、銀行や消費者金融を利用して借入をする場合とは異なり、厳しい審査や手続きなどをする必要無く、手軽にお金を借りることが出来るということで広く注目を集めています。

    しかし、メリットばかりではありません。個人間融資を利用することで危険なところもいくつかあります。実は最近になって、個人間融資を利用して詐欺行為が横行しているのです。現代はインターネット社会が急速に発展し、一度も実際に会ったことの無い他人同士にてお金の貸し借りをするケースが増えてきています。実際にインターネットを利用して「個人間融資」と検索をしてみてください。数多くの掲示板がヒットします。

    これらの掲示板では、お金を貸したい人、そして借りたい人がそれぞれ条件を書き込み、その条件にマッチする人をお互いに探しているのです。
    そしてお金を借りる場合には、個人間であったとしても必ず本人確認書類を提示しなければいけません。この時、運転免許証やパスポート、保険証などといった情報を送るのですが、その後音信普通状態になり、ただ単に個人情報だけを盗まれてしまったという結果になります。これが個人間融資のリスクであり、この本人確認書類を勝手に利用され、お金を借りるといった犯罪が横行していますのでご注意ください。

    tag :

    多重債務でもお金を借りれるの?

    消費者金融が一般的に利用されるようになってきてから、社会的な一つの大きな問題が出てきました。
    それが「多重債務」です。いわゆる「多くの金融機関からの借入がある」という意味であり、実際に多重債務に陥ってしまっている人達のことを「多重債務者」といいます。

    お恥ずかしながら筆者も多重債務で頭を抱えていた時期がありました。
    当時全部で6社の消費者金融から借入をしており、合計250万円ほどの借金があったのです。
    毎月返済日が異なるので、返済をするのが非常に面倒くさく、また当時はまだ出資法の改正前ということもあり、全ての消費者金融で約29%の年利が適用されていました。

    こうなってしまうと、利息を支払うだけで精一杯であり、いつまで経っても元本分を減らすことが出来なくなります。
    そこで筆者が相談したのが知り合いから紹介してもらった司法書士であり、債務整理をすることになりました。
    過払い金も発生していたようで、いくつかの消費者金融は過払い金で元本の完済をすることが出来ました。

    消費者金融はとっても便利で私達の暮らしをサポートしてくれる力強い存在ですが、計画性を持たなければ多重債務に陥ってしまうことがあるので、必要最低限の金額のみを返済計画を立てて利用するようにしましょう。
    ちなみに、消費者金融や銀行の借入れ審査のときに「多重債務ではない」とウソをついてもバレてしまうので注意しましょう。
    詳しくはココを参考に⇒審査のときにウソをつくとどうなるの?

    tag :

    自己破産はどんなときに行うの?

    破産という言葉はよく聞きます。ではそもそも破産とは何なのでしょうか?破産とは債務者が多額の借金などをしてしまうことで、経済的に破綻し、現在自分が抱えている資産だけでは全ての債権者へ完全に弁済するのが不可能になってしまった場合に、最低限の生活用品を除いた全ての財産を換価し、その債権額に応じ全債権者に対して公平に弁済することを目的にして裁判上の手続きをしていきます。破産の申立てについてですが、債権者からも可能であり、この債務者自らが申立てを行う破産のことを「自己破産」と言います。

    自己破産をすることで、近所や周辺の人達に、その事実がバレてしまうと心配している方が多くいますが、そのような心配はいりません。破産手続開始決定を受けたとしても戸籍や住民票などに記述されることはありません。ですので子供の就職、また結婚などに影響を与えることはありませんのでご安心ください。

    ただ破産者本籍地での市区町村役場が管理する破産者名簿には記載されます。しかしこれについては第三者により勝手に観覧することは出来ませんし、免責決定を受けることで破産者名簿から抹消されることになります。他にも破産手続開始決定について官報へ掲載されますが、一般人による官報観覧は殆どありませんので、そこまで心配する必要はありません。

    tag :

    建て替えローンってなんですか?

    建て替えローンというのは、現在お住まいの住宅を建て替えする場合に活用することの出来る住宅ローンの一つとなります。
    一般的に住宅の建て替えを行う場合においては、住宅ローンの抵当権を外さなければいけませんので、
    住宅ローンの残高全てを一度支払い、抵当権を抹消してから建て替えすることが必要ですのでなかなか安易にはいきません。
    そんな時に便意に活用することが出来るのが建て替えローンなのです。
    建て替えローンは、現在支払いを続けている住宅ローン残高に加え、さらに建て替え費用が組み合わされた資金を融資してくれる住宅ローンとなります。
    建て替えローンというのは前述していますが、住宅の建て替えをサポートしてくれる住宅ローンです。
    建て替えローンを利用することによって、住宅ローンの残高を一度完済することが可能になりますので、抵当権を安易に外すことができ、
    また建て替えをした住宅の費用に関しても資金を融資してもらうことが出来ますので、非常に便利なローンと言えるでしょう。
    特に、高金利時代に申し込みをした住宅ローンが残っているという方などは、建て替えローンを利用することで、
    現代の金利のローンに借り換えをしてしまうといった効果も期待することが出来ますので、是非とも積極的にご活用されてみてください。

    tag :

     X 閉じる
    MORK